線庭、あるいはベジェ氏による接続 [展覧会]

インスタレーション

線庭、あるいはベジェ氏による接続

2013年10月20日
ギャラリーサンセリテにて
鳳来湖の流木と小石

P1130579.JPG

流木の一つを手にとり、ギャラリーの床に置く、
次に選んだ枝の先端を接する寸前まで近づけ、
その一方の先端が描く曲線の接線と、
もう一つの枝が描く曲線の接線とが1直線になるように、
枝を配置していく。
次々と枝を選び、曲線を繋げていく。

枝がすでに置かれた枝と交差する場合には、
小石を橋脚として、接しないように、
立体交差させる。

一度セットした枝、小石は決して動かさない。
これがパフォーマンスのルールであり、
インスタレーションのプランである。

どのようにパフォーマンスを終了させるのか、
決断が、やがて必要になる。
それはプランの実行の中で必然的に訪れ、
その期を逃さないことが肝要となる。

幸運にも、
最初の一枝の結ばれていない先端と選んだ枝の先端の接線が、
一直線上に結ばれ、
つまり、曲線が閉じられたことで、
パフォーマンスを終えることができた。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。