タイポグラフィ ブログトップ
前の3件 | -

題17回日本デザイン書道大賞 [タイポグラフィ]

一昨年に続き審査を担当する。
日本デザイン書道作家協会(JDCA)主催の
日本デザイン書道大賞が開催される。

デザイン書道.jpg

応募資格は
国内外のデザイン書道家、デザイナー、書道家などの個人。
国籍・職業は問わない。

詳細は JDCA


コメント(0) 

PLATラインアップポスター [タイポグラフィ]

穂の国芸術劇場PLATの2014ラインアップのポスターが完成した。
昨年はこけら落としの志の輔師匠のポスターを担当したが、
今年は2014年度の年間スケジュールのポスターをデザインした。

PLATラインアップ.jpg

情報が羅列するだけの誠に地味なものだが、
このような仕事こそプロとしての仕事が問われる。
サイズはデザインは同じでB1とB2の2種を制作した。
画面の中央部分の演目のタイトルと出演者の文字は
現在制作中の明朝体「SHIN明」を使用した。
まだ、フォントになっていないので、
一字一字、文字をリストから探し出し、
手作業でならべるという、大変手間暇かかる作業だったが、
担当者に文字の違いに気がついていただき、
ホット一安心。

しかし、
早く、完成させてリリースしなければ、
完成するぞ、完成するぞ、と言うばかりの
「狼老人」になってしまうぞと、あせっている。
いましばらく、お時間をください。
コメント(0) 

鳥居と社の掛け軸 [タイポグラフィ]

昨年、JAGDA中部による展覧会
「式年遷宮・再生 日本のこころ」に出品した
作品が帰ってきた。
とは言っても、
時間が合わず、とうとう会場にも出かけられず、
出来上がった作品とは初めての対面だった。

鳥居・社.jpg

神宮で使われる、いわゆる伊勢和紙に
直接プリントしたもの。

鳥居と社を筆で文字を書くように
描いてみた。

いつも思うのだが
デザイナーが展覧会用に作品を作ることに
どのような意味があるのだろうか。

いつも、疑問を抱きつつ制作している。
納得できる答えはでないが
説明に堕さず
自分らしい表現につとめている。




コメント(0) 
前の3件 | - タイポグラフィ ブログトップ