個展「旅へ」明日から [展覧会]

2015年の個展が明日から始まる。
飾り付けが終了した。

味岡伸太郎展
「旅へ」
2015年10月31日(土)—11月23日(月)
ギャラリー サンセリテ

アーティスト・トーク&オープニングパーティ
10月31日(土)午後6時半より

修正72.jpg
地質調査報告書 長久手
152cm x 10m 水彩紙・土 2015
今年は、名古屋で三回のワークショップを行った。
今回の作品の多くはワークショップのために
採取した土で制作した。

アーティスト・トーク&オープニングパーティで
何を話そうかと… 
あれこれ、珍しく考えている。

2015年1月の愛知県陶磁美術館〈地質調査報告書「愛知ノート」より〉では、
土を求めて1000kmの旅をした。
そして、旅の目的地「長久手」から始まる新しい旅… 。

来年の8月に始まる「あいちトリエンナーレ2016」
テーマは「虹のキャラバンサライ=創造する人間の旅」
新しい旅はさらに長い旅になりそうだ。
そのさわりも少し…    

土を使用した制作を始めて、随分長い年月が過ぎた。
最近、子供向けの講座で、中学生からインタビューを受けた。
「土はどのように選ぶのですか」私は「選ばない」と答えた。

「選ぶ」という行為は、
元々、自分のなかに、描いた結果が存在し、
それを実現するために「選ぶ」のである。
土で描くということは、そもそも不自由なもの。
自分の思いに添わせるには元々不向きなものである。

思い通りに描きたいのならば、
自らのイメージに最も相応しい表現を実現させるために用意された
「絵の具」を使ったほうが確実で簡単である。

私には、そもそも実現したいイメージなどはない。
それでは、何故土で描くのか。
それは土が全て違うということにつきる。
試し描きなどは絶えてしない。
つまり、描き終わるまで結果が分からないということである。
それは、常に真剣勝負であり、常に新鮮であるということである。

美術とは何か、それは人の営みの結果である。
行為の後に結果は必ず残る。
その営みを永遠に続けるにはどうすれば良いのか、
その行為が常に新鮮であることが条件となる。
行為のあり方は土が教えてくれる。
それに全てを委ねることができれば結果は必ず付いてくる。

そのためには、土、あるいは自然は、
絶対に美しいという確信を持たなくてはならない。

「選ぶ」ということの基準は、自らの価値観である。
それは、必ず自らの枠の中にある。
中々、それは越えられない。

しかし、選ぶことを放棄すれば、
その枠など始めから存在しない。

そんなことも…

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。